みつばちきゅきゅの、にっき。(鳥写95%)

kyukyublog.exblog.jp

P900のフード

今日はこもの紹介ブログ。

P900はレンズの先にフィルターがつけられるようなねじになっています。
いまどきフィルターつけられるって当たり前なのですがコンデジではない機種もあるみたい。

ねじがあるならフィルターは私は必ずつける派なのですが、P900はフィルターをつけても専用のフードがないため、レンズがむき出しに突き出てきます。
普段フードをつけているとレンズ保護にもなるのでこれだとかなり不安。
指で触って指紋が付いてしまう可能性も。あとはぶつけたり。
それと雨の時少々フードがあるだけでもずいぶん違いますしね。

そこでいろいろと探してみました。
まずヒットしたのはラバーフード。検索してもらうといろいろでてきます。
値段も安価ですよねラバーフード。私はラバーフードが実はとても苦手で・・。一度使ったことはあるのだけどホコリをくっつけるんですよね。ラバーだと。
なのでしっかりしたフードを探しました。

P900は67㎜の口径です。
そこでヒットしました。ケンコーのフードKHN-167。一見レビューを見るにP900に使っている人はいなさそうなので半信半疑・・
そんな高いものでもないしamazonは返品できるので気軽に購入。

b0339954_10281564.jpg

届いたらプラスチックでなくしっかりした金属製。

フードを重ねづけして自分の思った長さにできるというのはとてもいいアイデア!かっこいいですね。私は1つしか購入していないけれどこれを使えば自分の思うようなフードが完成しそう。

ただもちろんこのフードをつけると広角側が思い切りケラれます。
望遠側なら問題なし。
そもそも私の目的にはかなっています。
肩にかけてP900を持ち歩く時フード付きだと不意に服とレンズがこすれる危険もありません。それからキャップをはずしたまま気軽に持ち歩くこともできます。

ちなみにキャップはこのフードつけてもはまりますよー。これも重要ポイントですね。純正じゃないものはキャップはまらないパターンも多いですからね。

P900で望遠側を多用する方にはぜひおすすめー。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mitsubachikyukyu | 2016-07-26 10:26 | Comments(0)