みつばちきゅきゅの、にっき。(鳥写95%)

kyukyublog.exblog.jp

股関節唇損傷、1カ月後検診と歯医者その後

ここに以前書いたかな、
股関節を今年になってから痛めちゃってて。
なにかきっかけがあったとは思えないのだけど、
左の股関節が、開脚すると痛いです。
そして今は、右はあぐらをかくようなことができるけど、
左は、そこまで曲がりません(泣)

ただ、歩いたり走ったりという縦の動きにはまったく支障も痛みもないので、
普通に日常生活送ってます。

先月整形外科に行って股関節唇損傷、ではないかと言われ、
変形性だといけないから1カ月後にまたきてね、と言われたので、
1ヶ月たったから行ってきました。

レントゲンをとってもらって見てもらう分には特に変わりなし。
他の部分になにかあるというわけでもありません。
ただ、やっかいなこの股関節唇、開いてみないと分かんない。
なのであれこれ外から判断はできないのです・・
そして完治しないのです。

整形外科の先生も、割と事実に沿ったことをいう、落ち着いた感じの
先生だけど、なんというか淡々としているので、
その淡々さを病室で話を聞く、という感じ。
悪くなったら人工関節、と何度も言われるので凹みます。
いずれ年を取ったら悪くなっていく部分ではあるけど、
今の年齢でなると、今後どうしたらいいのか考えちゃうね。
歩くことに支障が出てこないことを祈りながら、
今はできる対策をしながら生活してます。
しゃがまない、かがまない、椅子の生活をする、そして
足を床につけて体をひねったりはしない。

こないだ、お昼を食べに行った時畳の席で足を崩して座ったら
痛くなってきて、椅子の席に変更してもらったけど、
こんなふうに、小さなことでも痛くなると切なくなります。
あんまり考えすぎないように過ごしてます。痛くない態勢をとれば
いいだけのことだから^^
靴下も、右側は足をひねって履けるけど、左側の痛いほうはひねれなくて
まっすぐ履いてます。

先生によれば、ほっといても数年後に治っちゃうこともあるので、
様子見かな・・・次は2カ月後に来てね、て感じでした。
私あんまり先生に質問とかできないんだけど、
「運動をするのはいいですか?筋力をつけるのは?
プールなら大丈夫?」といろいろ聞きました。
プールはOKだけど平泳ぎはやめといて、ということで。
開くもんなぁ・・・。


病院に行くと、先生は短時間でこちらが伝える症状とレントゲン等で
判断するだけだから、先生の言うことを100%うのみにはしたくないな、
と思います。
自分の生活の質を上げれば向上することもあるし、
先生の数分と私の何十年、長さも違うしね。
目に見えない症状は悩ましいよね~。こっちは痛くても先生にどこまで
その痛さや、どういう時にこう痛いのか、が伝わってるのだろうか?て
思っちゃう。
的確に伝えるようにしてるけど伝え切れてない部分もあるし、
言葉足らずとか、痛いことの表現をどう表現するか、て、
その人の語彙力にかかってくるものだし。
でもまさかの股関節、ここが痛むようになるとは自分の人生でも
考えたことがなかったなぁー。
そんなものかしら。自分の体って。
予測できるところがそうなるってわけじゃないのかな。



歯医者さんについては、順調に3本の虫歯だった詰め物を入れ替えは終わり、
マウスピースの型取りをしてきた。
これでできあがったら、しばらくは医者にも行かなくてもいいかなぁ。
夏から始めたまとめて病院めぐり、
そろそろ疲れてきました・・・休みのたびに予約を入れてこなすの。
来週とさ来週はなんにもないからすごくうれしい。
お休みの日に何かに縛られて動くのはある程度仕事をしてると仕方ないけど、
やっぱり、なにもないほうがいいなぁ。
b0339954_16380655.jpg


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mitsubachikyukyu | 2015-10-01 16:38 | Comments(0)