みつばちきゅきゅの、にっき。(鳥写95%)

kyukyublog.exblog.jp

趣味にかける予算

以前音楽や雑貨が好きな時のお金の使い方と、カメラのお金の使い方は似ているようで違う。

収集癖がもともと強いから、集めるのは好きだったんだけど(年とともに過去形に)、
音楽や雑貨は新しいものが出たら家に連れてくる、て感じのお金の使い方だったな。
プレイヤーやアンプなどに凝ることはなかったから、
ハードよりソフトによりお金をかけていた。

カメラとなるとこれは違って、
今は特にフィルムじゃなくデジタルだから、ハードを揃えてしまえばほとんどソフト面にお金がかからないのがいい。
一昔前のフィルムで現像となったら、毎回数千円は飛んでいくもんね~。
フィルム代もまとまると結構するし。それがいらないってすごいよ。
家で加工もできちゃうし(私はほとんどしないのだけども)。
たまに、カメラ屋さんで大きく現像してもらったりする程度しか費用はかからない。
年配の人が長く続けられる趣味としてはほんとうにいい趣味だなと思う。
体力も、そこそこ普通に出かけられれば続けられるしね。
カメラの趣味そのものには費用はかからないけど、
まぁ撮影に旅に出る費用とかさ、そういうのは要るけど、別に旅に出なくちゃいけないわけではないので、ずっと続けられるいい趣味だよねー写真は。

少し話がそれたので元に戻すと、ただ、ハード面での沼が色々と存在するw
カメラ関係そのものだと、機種とレンズ。
そして、カメラアクセサリ。

先日単焦点レンズに初めてトライしたのだけども、
レンズ沼もありますね・・・確実に。その沼の存在位置が分かってきましたw
ああ、こわいこわい、なるべく近寄りたくはないけれど・・・
(絶対のめりこんだら散財するので)
ただ、レンズは資産、という意味がすこしづつ身を持って分かってきました。
あんまり無駄なレンズを増やさないようにしたい、というか、
レンズに限っては多少お金がかかっても、ちゃんとした、ほんとにほしいスペックのを買わないと、って思う。
なぜなら、二番煎じのものを買って使っていたとしても、
絶対に「もうちょっときれいにとるにはやっぱり今よりもいいレンズかな」って思うことが来るから、
結局時期を遅くして買い換えるってパターンになるから。
レンズは、いいのを買わなくちゃ(と、自分に対して戒め)。

カメラ本体に至っては、できることってそんなに大きくはいろんな機種でも変わらないような気もするので(一眼なら)、
私は極力いまあるカメラを使いこなしまくってそれでも不満があったら本体そのものを買い換えていきたいって将来的にも思ってるんだけど、
実はもうその不満がいくつか出てきていて、それでもまだまだ技術でカバーできることは多いので、それを克服してもさらに不満が出たらその時に、と思って、
本体は我慢してますw
今のカメラの本体は入門機と俗に言われるものなのですが、
あまり重すぎることもなく(重たいの苦手だし・・)より使いやすいようにいろいろとカメラ周辺のアクセサリも揃えているので、今のところとても使いやすいです。
ただ・・・オートフォーカスが遅いって思うことも時々。
特に曇りだと。迷いまくるんだ、ピントに、本体が。
これはきっとレンズである程度は解決できることだと思うから、
そう思うと本体買い換えるよりレンズなんだよね~。
レンズそのものに関しては、もうちょっと遠くのものを撮りたいなっていう欲はいまだにあるのですが、望遠レンズで明るいものだとほんと、思いきらないとなかなか買えないぐらいの値段なので、毎度躊躇しながらもメーカーサイト見ながら「いいなあ、いいなあ」と思ってます。
まぁどのみち買うときは買うので、あとは清水から飛び降りる勇気だけなのですが。
多分レンズは1回いいのを買えば、その次に欲しくなるレンズはないだろうと・・・思ってはいる・・・。
というか、やーーっと、使いこなせるようになってきたのだよいろんなレンズ。
サブカメラが10-100㎜なので広角に割と強くて、広角の楽しさも少し分かってきたし、望遠は望遠で大好きで面白いけど画質がちょっとぼやけたり、もうちょっときれいに撮るにはどうしたらいいかなと悩んだりできるようになった。
悩めるようになると次に使うべきレンズのターゲットが狭まってくるってことだね。
でもまだまだ、私あんまり露出とか絞りとよう分からないんだよなぁ。
分かるといえば分かるけど、分からないといえば分からない。
どこまで自分で分かってるかがあんまり分かってないというか。
分かってなくてもオート機能というのは便利なもので、
撮れちゃうんだよね、ある程度は。

カメラアクセサリに関してはだいぶいろいろなものを探して揃えてより使いやすいようになってきました。
ストラップもメーカーのストラップは恥ずかしいなと思ったから違うのを探し、
ストラップ邪魔だよねって思うことが多かったからショルダーにもできて
取っ手の短いものにもできるものを探し、
バッテリーグリップ欲しいなと思ったから揃えたし、
レンズ関係のバッテリーそのものも予備含め揃えたし、
万が一のときのバッテリー切れのためにエネループも買ったし、
カメラバッグもある程度使いやすいものをと思いながら過ごしてきました。
でもカメラバッグだけはなんかいまいち、使いやすいって感じでなく、
リュックを使ったりしていたのですが・・・リュックだとレンズの交換を
したいと思ってもリュックおろして、カバンもおろしてってやんなくちゃいけないのが面倒で、
面倒なんていってちゃだめなんだけどすぐ交換できたらいろいろ撮れるのにと思って
何とかしたいなと思って色々探していたらカメラケースのショルダーバッグぽくて、よさげなものがあったので、
今度はそれを使ってみようかと。
カメラ関連のグッズってありがたいのが、それぞれがそんなに高いものじゃないので(メーカーのものでもそんな高くないのに使い勝手は良い)助かっている。
すごいかっこいいわけではないけど、結局実用的に使いやすいものが手元に残るよね・・・。

もうこれでそろっただろう、と毎回思うのだけどもまだ「これをこうしたら使いやすくない?」で探すとそういうアクセサリがあったりして、
アクセサリ沼からも地味に抜け出せていません・・。
こういうのは使っていかないと欲しいものが出てこないので仕方ないのだけどね。
そろそろ完了したいところだ。

というわけで。
結局、いろんなところに沼はあるのでした。楽しい沼が。
ただ、写真ってそういうのにこだわらなくても腕をあげなくちゃもっと楽しみは出てこないと思っているから、
とにかく、腕を上げるほうが先だよねっ。
b0339954_13221574.jpg



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mitsubachikyukyu | 2015-05-22 13:22 | Comments(0)