みつばちきゅきゅの、にっき。(鳥写95%)

kyukyublog.exblog.jp

サブカメラについて。

サブカメラを買い換えました。

いままではPENTAXのQ7をつかってました。
ちょっと前の記事で、上手く使いこなせないことを書いたっけ。
b0339954_16573189.jpg
とってもかわいい。好きだよ。わたし。とても。
モノとして好きだった。独特の良さがありますねーQシリーズ。
ファンが多いのもうなずけます。

あれから、いろいろと悩んでいましたが、
多分一番候補になかったであろうニコン1に、買い換えました。とつぜん。

その顛末をすこし(ではない、長文)。


Q7についてはとても軽くて好きなカメラだったのですが、なぜ買い換えたかというと、
やっぱり出番が今後少なくなると思ったから。
そもそもミラーレスは動くものに弱いというのを今更知ったというのもある。
確かに、動体に関しては一昔前のコンデジ並みなぐらいブレまくり。
これは想定外。これじゃだめだ。どうしよう・・・でした。
断然、一眼で撮ったほうが簡単に動体は撮れます。
カメラの価格差っていうのはこういうところなんだな、と実感しました。
動体を撮りたいと思ってミラーレスから入った場合、
思ったように撮れなくて苦心することも多いのでは?と思うぐらい、
私の場合は、困りました。
一眼とミラーレスはこのあたりが違うのかもしれないね(私これしか使ってないからなんともいえないけど。あと私の腕もあるのだろう・・・)。

これではいくらカメラが好きでも、じゃあ使おうと思った時にQ7を手にとるだろうか?
家に置いておいたとしても出番はあるのか?
・・・ないな。残念だけど、多分ない。不安になっちゃうもん・・。

そう思ったので、代わりを探し始めました。

出番がないものを家に置いておけるほどのこともないから、
Q7を下取りに出して追加してサブカメラを選ぼうと思いました。
で、まずその前に何に買いかえるか。

今回PENTAX使いましたが、正直あまりよくメーカーのことを知らないし、
あまりこだわってないので、
とにかく軽くて小さいことを中心に絞り込んでいきました。
オリンパスも考えたのですが(周りに結構オリンパスユーザいるので)、
オリンパスについても私、ほとんど知らないんだよなぁ・・しかも、
カメラのメーカーによる写真の雰囲気の好き好きっていうのも、わからん。
そこまでまだ目が慣れていない。
だとしたら・・・あれ、そういえばニコンに1ってやつがあったよなぁ。

ただニコン1については一度実機を触って見た時に「あーこれは無理だ」と思ったポイントがあったのです。
それはグリップがないこと。
本体自体はコンデジぽいシンプルで、悪く言えばひねりがない四角で、
こんなにひねりがないのかなぁニコンは、って思ってた。
そんで、つるつるなので、滑る。
これはダメだな私には、と。


私が選ぶレンズの条件は、交換レンズ(ダブルズームキット)はぜんぜんOK。
1本だけついてるなら2本一緒に買ったほうが絶対使い勝手がいいし。
あとからレンズ買いたすのって結構また大変だしね、しかも悩むだろうね、何がいいか。だから、
ある程度の予算の中でも望遠が200㎜ぐらいまではないとなぁってこと。
Q7はそれを満たしてました。06というレンズが。
ズームがないと動物園では楽しくありません。

そうしたら、ニコン1にはいろいろなレンズの組み合わせの販売方法がありましたが
「小型10倍レンズキット」というものがあるのに行きつきました。

小型10倍レンズキット、ですが、ニコン1のJ3が本体で(V2もあります)
なんとレンズだけだと6万ぐらいするのに、
J3とくっつけて売ると3万台になるという驚きの値段展開w
なんだそれwどゆこと?買い手にとってはありがたいです。
しかもこのレンズが10-100㎜で、35ミリ換算すると
27㎜-270㎜になるのだそうで、
それなら望遠も充分!しかもレンズ1本で足りる。これは良い。このテの望遠すごく使えます。フィルム一眼の時もタムロンの28㎜ー200㎜をずっと愛用してました。日常使いにぴったり。
もともとレンズは1本で足りればとても便利ですよね。交換するあのもどかしさがなくてすむし、持ち歩くのも本体とレンズくっつけた状態で持ち歩けばよいから荷物が少なくなります。
どうやらJ4がもう出ているのでJ3は型落ちになるようで、
型落ち本体とレンズをくっつけて売るという手法らしいのですが、
J3のレビューを隅々まで読んでも高評価のものが多い。酷評ではなかった。
動体についてもちゃんとピントを合わせてくれるとのこと。
ああ・・・こっちを先に気がつけばよかったのだろうか。まぁでもこればかりは使ってみないと分からないからね~。

そして家に来たのはこの、ニコン1 J3と小型10倍レンズキット、なのでした☆
b0339954_16322834.jpg
改めて実機を店頭で触り直しにいくこともなくあっけなく到着。
色はこの色で。何色でもよかったので。実際はこの色よりもうすこし深めかな。
あずき色パールって感じです。思ったよりクールな感じ。
持った感触は・・・おお、ボディは軽い、そしてレンズが重いw
ただこれはボディとレンズのバランスの差の話なので、レンズ自体は径は55㎜なので小ぶりです。両方あわせて500グラム台なら、カバンにいれても我慢できる重さです。ばっちし!
あとやっぱりこのままでは・・・手が絶対すべる。すべって落とす。
うーん。片手でレンズを持って、もう片方でボディを持ってという持ち方をすれば落とさないだろうけど、私よく片手でボディだけ持ってうろうろしたりするもので、そうなるとグリップがないのはきつい。

そこで調べました「J3 グリップ」。みんなどうしてるのかなって。
そしたら純正で出てましたーグリップが!
自作したりしなきゃかな?って思ってたからラッキー☆なんだぁ純正で出してるんだね。よかったー。
とりつけ方は三脚のねじの部分に差し込むタイプです。
そしてグリップをつけたら・・・うん、これなら落とさない♪
多少爪が伸びてると危ない感じなのですが、これがあるのとないのとではぜんぜん違います。持った感触が。これはJ3には必需品ですね。
(あとどうでもいい情報ですがレンズのまわすところが爪やすりみたいになってて、よく勝手に爪が削られてる。。。)

まだ本格的に撮ってないですが、
ピント等はかっちり合う感触です。このあたりはQ7とは違う。やっぱりニコンブランドだけあるのかなぁっていう感じ。
ミラーレスなのですごく力を入れているわけではないと思いますが、
ニコンブランドの中のミラーレス、使い勝手は汎用的で、わかりやすいです。
いろんな機能もついているけれど基本シンプルな印象を受けました。

そしてQ7の行き先ですが、ネットで調べていたらたまたまワンプライスで思った以上の価格で買い取りをしてくれるお店を見つけたのでそこにお願いしました。
部品等ぜんぶ持っててよかった。箱も捨てないで、中のビニール袋等もそのまま残しておいてよかった。カメラの箱は捨てちゃだめですねー。
バッテリーが純正のものを2個持ってたので、どうせ持ってても意味ないしと思って同梱したら査定で500円アップしてくれた☆ありがとー!


新しいカメラが来るとまず自分の使い勝手のいいようにアクセサリを一式揃える作業が残っています。
今回はレンズ1本なのでフィルターも1枚あればいいし、比較的アクセサリのコストは安く済みました。
バッテリーが割と大き目だったのですが、もう1個予備を持っておいたほうがいいかな?まぁこれは今後考えるということで。
カメラを入れるクッションボックスも、コンパクトカメラ用の大きさで事足ります。
なんかグレードアップしたみたいで嬉しいです。
あとは、腕ですね。


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mitsubachikyukyu | 2015-01-27 17:16 | Comments(0)